テーマ:報道

半藤一利の「B面昭和史」を読みました。

 5月連休を主体に半藤一利の「B面昭和史」を読みました。1926年から1945年までの戦争開始から敗戦までの経緯を国民の目線から政府・軍部の動きを丁寧に追った歴史書です。  良識を持って戦争に反対をした政府・軍部の人たちもいましたが、戦争主導の人達(政府・軍部・メディアそして国民)により寄り切られた経緯がよく書かれていて興味ある書物で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

改正元号騒ぎを政治ショーにしたのはプロパガンダか?

 従来から西暦を使用してきた小生からすると今回の改正元号騒ぎは異常に感じられます。 政府もそうだが、メディアの騒ぎもどうしてこんなにワイドショーで騒ぐのか不思議な感じです。 これは統一地方選の争点ぼかしを画策する政府のプロパガンダかと思うくらいです。  諸兄は異常に感じませんか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米軍飛行機事故より貴ノ岩の報道が優先?

米軍飛行機が四国沖で墜落した事故の報道についてどうして?と思わざるを得ない。  米軍飛行機が海上で墜落したので災害の被災者は少なかったが、これが街中だったらぞっとせざるを得ない状況です。 このような事故なのに新聞はおろかTVのワイドショーでの取り扱いはほとんど取りざたされていない! これっておかしくないかなと思うのは小生だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋篠宮さまの発言に感心しました。

 11月30日の誕生日の会見で秋篠宮さまが大嘗祭について発言された内容について新聞・TV等で報じられていますが、称賛に値する発言だと思います。  とかく役人の行動基準は「前例がない、前例にのっとって」が原則だし、政府の行動基準は難しい問題は「先送り」して「火中の栗を拾う」様なことはせず問題を内包したままやり過ごすことにつきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HNK BS1 のドキュメンタリーは面白い!

NHKのBSは1チャンネルも3チャンネルも面白いと思う。地デジとBSを見る比率は8:2くらいでBSを見ています。 先週見たBSドキュメンタリーは第一次世界大戦に発生した豪華客船ルシタニア号のドイツUボートによる魚雷攻撃と沈没を取り上げていました。英国はドイツの非戦闘員を載せた客船を攻撃するという暴挙を上げて国内の好戦的な意欲を掘り起こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のノーベル医学賞の素晴らしさ!!

今年のノーベル医学賞に選ばれた本庶博士の免疫療法は今までの西洋医学の考え方を根本から変革する素晴らしいものだと感服しています。  本来人間の体は自らが病気を治す力を持っているものであり、医学というものはその自助作用を助けるためのものだと小生は考えています。  従来の西洋医学はどちらかといえば、悪いものを取り除くという考え方やら錬金術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医学部の女子合格率

 ほとんどの大学医学部の女子合格率に男子との差があることが判明したとの報道がありました。そうすると今活躍されている女医さんはとっても優秀なんだなと敬意を表せずにはいられません。   男子の合格率は平均して女子より20%多くなるような操作をしているそうですが、国会議員の地域別得票差、いわゆる1票の重さの2.8倍とかに比べれば、穏当な感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民間会社の雇用率は法定雇用率キープなの?

ちょっと前の話題ですが、国の各省庁や地方自治体で障害者の法定雇用率が水増しされているという報道がありました。これはこれで問題なのですが、気にかかったのは民間企業の障害者法定雇用率は水増しされていないのかな?という疑問がわきました。  それとも、管理監督する国の組織は適当で民間だけには厳正に対処しているのでしょうか?報道各社はどこもその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっとスポーツ新聞から一般新聞に戻った。

 この2週間くらい朝日新聞は一般新聞ではなく「スポーツ朝日」のような体をなしていて読む記事が少なかった。 ようやく一般紙に戻った感があり「ほっと」している。 別にスポーツを忌避しているわけではないが、TVもラジオも新聞もとなると辟易するものである。  戦時中は戦争一色になっていたとはこういうことなのだろうか? 報道の責任を考えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロンドン市長に移民出身者が選出。

 ロンドン市長にパキスタンからの移民2世の人物が選出されたとの報道がありました。 さすが紳士(ジェントルマン)の国の首都の市民の見識は高いなあと感心いたしました。  とても日本では考えられない状況なので改めて民主主義の先進国に敬意を表したいと思います。 選出された市長の努力もあったと思いますが、それを支える人種・宗教などにとら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闇カジノの罪っておかしくないか?

 運動選手が闇カジノに出入りしたとかでニュースになっています。 でも、彼らがアメリカのラスベガスでカジノに行っても罪にはならないし、国内で競輪・競馬で投票券を買っても罪にはならないでしょう。 どこかの知事が日本でもカジノをやりたいといっていましたが、実現していれば彼らもそこで遊べばよかったでしょう。  放火・殺人・窃盗などと違い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入学式に学生より父兄が多いとはびっくりポン!

 TVニュースを見ていたら都内の大手私大の入学式で学生数より父兄の参加人数の方が多いと伝えていました。それを聞いてビックリです。  時代が違うとは思いますが、当方が入学した大学の入学式には父兄参加者は十数名程度だったように記憶しています。  小生の時代はなんとしても親から独立したい・離れて暮らしたい という欲求があったので高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ氏が大統領になるとよいな。

 米国大統領選挙は共和党のトランプがなるとよいと思います。 なぜか? 彼は金を払わなければ駐留米軍を日本から引き揚げると発言しています。 そうなれば沖縄の米軍基地問題は解決するし、東京の立川にある飛行場が返還されるからここを東京国際空港にすれば成田空港まで出かけなくて済むという便利なことになります。 願ったり、叶ったりです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2・26事件から80年!

 本日は「2・26事件」から80年だそうである。  当時蔵相だった「高橋是清」は世界恐慌から立ち直るために大幅な国債発行を実施し、日本の産業を立ち直らせたそうである。しかしこの政策は(赤字国債による財政出動)麻薬のようなもので国家にとって危険であることから前年の国会で国債の発行を制限する策に出て、軍備削減も含めた緊縮財政に舵を切っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふるさと納税は「タコの足喰い」と同じ。

確定申告の時期ですが、ふるさと納税者はケースにより確定申告が必要であるというニュースが流れていました。  ふるさと納税者はどこに払うのも同じなら、見返りがあるこの制度を使った方が得になる。ということだが国と地方自治体を一つの財布と考えれば、明らかに出費が多いことは明らかである。このようなアホなことをしている国は早晩つぶれるでしょう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火山の爆発は美しい!

 昨夜のTVニュースで桜島の噴火を見た方も多いと思います。地元の方々には反感を買うかもしれませんが、暗い夜空に紅蓮の炎を上げながら噴火する映像を「美しいなあ」と思った方も多いのではないのでしょうか?  特に黒い噴煙の中に稲光がきらめく映像は圧巻で自然の厳粛さを感じました。時として自然は素晴らしいものを見せてくれるものだなあと感心し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TVニュースをみて違和感を。。。

 最近TVニュースを見て辟易しました。 その1ーーSMAPだかSTAPだか知らないが某国営放送を含め民放各局が一斉に同じニュースを流し始めて嫌気がさしました。 その2--相撲取りが結婚したとのことで、これも各局が一斉に報道していました。 その3--元野球選手が覚せい剤を使用したとかで一斉報道です。 TVニュースは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石油は安くなったのか!?

 TVニュースを見ていたら石油の値段が下がっているそうだ。指標となるWTI原油価格がピーク時に比べて 80%も値下がりしているそうである。  すぐには生活物資の価格には反映しにくいと思うが、車のガソリンはピーク時の半分にもなっていないのはどうしてなのだろう。これは半額くらいを占める税金のためであろうと推察している。この仕組みはおかし…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

いよいよ徴兵制か!!

 政府与党の幹部が憲法改正を言い始めた。 某国の安倍某は ①違憲と多くの学者が判断する「戦争法案」を力ずくで国会を通過させた。 ②さらには憲法で定める国会議員の一定数の要求による国会開催を拒否し、憲法違反をした。 ③しかしながら違憲状態または憲法違反と裁判所により判断された議員選出方法については一切手を付けていない。  つまり、法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

殺人で懲役8年、金を盗んで15年 おかしくないか?

 交際相手の幼児を殺して懲役8年、年金基金の24億円を横領して懲役15年とはおかしくないか? 盗みより殺人が軽いとは? 世の中不思議だ。    人を殺せば磔獄門、カネを盗めば遠島島流し、こういう単純な裁きが庶民には解りやすい。 その昔メソポタミアでは「目には目を、歯には歯を」のような簡素な裁きもあったと伝え聴いている。 世の中複雑に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつから日本人は怠け者になったのか?

 8月に「山の日」の祝日を作って再来年から実施することが決まったと報道があった。祝日数は欧米の1.5倍以上になるらしい。  いつから日本人はこんなに怠け者になったのか?  大企業はこの分の生産性を上げることを考えなくてはならないし、中小企業はもっと大変である。必然的に海外へ逃げるか、非正規雇用で固定費を下げるかの対策に企業は走ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弁当持たせりゃ食いたがる。

 与太郎に小言を言う親方の言葉 「荷物を 持たせりゃ 重たがる、弁当 持たせりゃ 食いたがる、鋏を 持たせりゃ 切りたがる、鉄砲 持たせりゃ 撃ちたがる、金を 持たせりゃ 使いたがる、」  どこかの国の首相ーー軍隊持てば動員したがる。戦争したがる。 老人は良いが若い人に戦争に行かせるのはかわいそうである。  邦人の保護を最優…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮のNO2失脚報道

 北朝鮮のNO2とされてきた張成沢氏が失脚したという韓国からの報道を知って、「歴史は繰り返す」と思った諸兄は多いのではないのでしょうか?  北朝鮮のような親から子そして孫というような世襲の王朝は世界の歴史には幾度となく発生しては消滅してきましたが、その渦中でおこることは今回のように先の権力者の側近が新しい権力者ーー通常は子供ですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京オリンピックは出来レースか?

 2020年のオリンピック開催地に東京が決まったらしいが、前回(2016年)の開催地を選んだ時と、日本の報道のあり方に違和感を覚えたのは筆者だけではないと思う。  前回は一連の選定活動に対するアプローチを報道していただけであったが、今回は選定するIOC総会の1週間前からTV、新聞などの報道は、あたかも東京に決まるであろうような報道内容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

参議院選挙の下馬評と騎馬民族説

 本日の新聞によれば、今回の参議院選挙では自民党が圧倒的に優勢らしい。そうなると衆議院・参議院共に一党独裁の色彩が強くなることが予測されます。  このような状況を鑑みるに、ふと、少し前に自嘲気味に書かれたコメントを思い出しました。それによると、やはり日本民族は「騎馬民族」だとするものです。   いわゆる騎馬民族=遊牧民族は家畜を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンダとキャサリン妃

 英国王室のウィリアム王子の嫁さんであるキャサリン妃の出産が間近だとかで日本のTVニュースでも騒いでいます。男はあまりこういったニュースには興味を示さないものだが、女性たちには一大関心事であるらしい。  日本の週刊誌でも男性諸氏が電車内で読む週刊誌にはあまり載っていないが、女性週刊誌の広告見出しを見るとこのような話題は必ずと言って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱税と相続税

 新聞・TVのニュースによると昨年度、国税庁が査察で摘発した脱税の手口の中にはいくつかの面白い手口があったことを知りました。例えば脱税金額の札束をクッションの中に隠したり、蚊取り線香の缶に隠したりと様々ですが人間が隠す場所は色々と考えていて面白いなと思いました。  税金を払うのは国民の義務と理解しつつも、納得いかない税の制度も多々…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

イランが変わる?

 15日のイラン大統領選挙結果は保守穏健派のロハニ師が大統領に当選したとの報道がありました。筆者がイランを訪問した2011年4月の時、現地のガイドが今はダメだが、2年後の大統領選挙にはきっとこの国は変わるだろうと行っていたことを思い出しました。  イランという国の政治指導部は別にして、イランの国民は親日的で親切で治安もよく、良い国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TPPは黒船か?

 最近のTPPの交渉に参加するかどうかの報道を見ていると、幕末の尊王攘夷と開国の意見の相違のような動きに似ている感じがします。   日本のように資源がなく貿易立国で成り立っている国が、780%もの関税をかけていること自体がグローバリゼーションの中で考えればおかしなことだと分かると思います。  ひとつの政策行動には必ず裏と表の側面があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルジェリアの対テロ制圧

 昨年10月にアルジェリアへ観光旅行した小生にとって、今回の事件は他人事とは思えません事件でした。未だ判明しない従業員の方々の家族の気持ちを考えるといたたまれない気持ちでいっぱいです。  この中で先週からの日本政府の情報収集能力の低さと日本の報道の偏りに疑問を感じたのは小生ばかりではないと思います。  太平洋戦争においても低…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more