ふと思い出す旅のワンシーン(その5)

 古代遺跡巡りが好きな小生が感動した遺跡の中で東部トルコにあるネムルート山を紹介したい。
2000メートルを超える山の上にその遺跡はあり、小生が参加したツアーでは朝の3時頃に宿を出発して、まだ薄暗い時刻に遺跡に到着し、その後、朝日を浴びる神像を見たと時は感激いたしました。
 この遺跡はアレクサンダー大王の後継であるセレウコス朝の一地域の王国であるコンマゲネ王国の王が作ったといわれる遺跡でギリシア神話の神とペルシア様式の姿が調和した神像を見たときは驚きの時でした。

IMG_0003 (2).jpg

IMG_0001 (2).jpg