戦争への第一歩解散か!

 今日、国会が解散するという。 当事者は「増税先送りの信を問う」と説明している。しかし、この結果 自民党が過半数の議席を獲得すれれば、「集団的自衛権」の行動について国民が支持したということだと言い換える気がしてならない。

 戦争への道程に一歩ずつ近づく気がするのは筆者だけでしょうか?

 これだけの演出をするには、黒田官兵衛並みの軍師が、首相の後ろにいるらしいがそれは誰なのか? 
くしくも12月14日の「軍師官兵衛」放映の最終回を選挙投票日となる劇的な日を選ぶとは相当な策士でしょう。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック