全国植樹祭って必要なの?

TVニュースで全国植樹祭の開催が報じられていました。
 はて? 今は林業は輸入木材のため斜陽産業化しているし、放棄され管理されていない森林も多いと聞くのにまだ植樹をやるの?と疑問がわきました。

 サラリーマン時代に良く指導されていたのは「仕事の棚卸」を1年に1回くらいしろというものです。業務と言うものは長く続けていると、必要もないのに惰性でしていることがある。そのためには1年に一回くらいは当初の目的に照らして、真にやるべき価値があるかどうか見直せというものです。

 翻って、植樹祭とか国民体育大会とか長年続けてはいるが、当初の目的は既に達成していて今は必要性が薄れているものがありはしないかと思うところです。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック